本文へスキップ

緑あふれる街を目指して、浦安市元町エリアに災害につよい公園を! 

浦安元町発展委員会

浦安・元町エリアに防災公園を!

2011.03.11 ライフラインが閉ざされた浦安市。
道路が壊れ、水道は止まり、人々は苦しい時間を過ごしました。
被害がなかったと言われる浦安市・元町エリアにおいても、浦安市全域で水圧が下がったことにより、マンションをはじめとするたくさんの家で水がでない生活を強いられ、小さな公園で水を汲む生活をする人々の姿が多くみられました。

直下型地震が街を襲った場合、消防自動車すら通れない密集した住宅がならぶこの街は火の海になると想定されています。

しかし、古くからあるエリア元町地域には小さな公園がたった3つ。避難所すらありません。

住民が安心して過ごせる街を目指し、声を上げましょう!浦安・元町エリアに災害につよい緑あふれる防災公園を!

お知らせtopics

署名のお願い


防災公園に適した東西線浦安駅近辺にある1600坪の市有地が、住民への説明がないままに大手小売店へ貸し出される契約が結ばれました。浦安市元町エリア開発のために税金22億円で購入されたこの市有地は住民の要望をことごとく却下したばかりか、1600坪の賃料が実質月47万5,000円*1という破格の値段で契約されております。この契約を破棄し住民が安心して暮らせるよう、防災公園の造園を目指し、皆様の署名をよろしくお願いいたします。
*1 浦安市が受け取る土地の賃料月417万円−浦安市が払うテナント料(市営保育園)月369万5,000円=47万5000円(平成26年3月より一年間。以降は賃料月417万円)

猛毒「六価クロム」「ヒ素」の検出について


ダイエー浦安店建設予定地(防災公園として私どもが造園を希望している市有地)にて、猛毒「六価クロム」及び「ヒ素」が検出されました。浦安市及び株式会社ダイエーは住民に対し情報提供がなされなかったばかりか、その汚染土壌の無害化処置がなされずに同敷地に埋め戻された可能性もでております。本件に関し、千葉県、浦安市及び株式会社ダイエーに対し要求書を提出いたしました。<詳細>(2014年4月16日)

新着情報news

2014年08月21日
土壌汚染対策法違反容疑で株式会社ダイエーと同社村井正平社長に対する告発状を千葉地検提出した件が新聞各社に掲載されました。
2014年04月20日
「要求書」提出について「東京新聞 千葉版」に掲載されました。
2014年04月16日
千葉県・浦安市・株式会社ダイエーに対し、「要求書」を提出しました。
2014年02月21日
署名提出様子が「東京新聞 千葉版」に掲載されました。
2014年02月20日
嘆願書を浦安市に提出しました。

スマートフォン版